最上級の心地よさ!100%天然素材で作られた寝袋と、快適さの仕組みとは..?

寝袋の素材というとダウンや化学繊維が一般的ですが、素材としてウールを使用することにこだわり、最上級の寝心地を追求しつづける、バイエルンの寝袋メーカー「Grüezi bag(グリュージバッグ)」。

その「Grüezi bag」が開発した寝袋「Biopod Downwool Nature」が、ドイツミュンヘンにて2月に開催された世界最大級のスポーツ展示会「ISPO Award 2019」にて、アウトドア部門の頂点「プロダクト・オブ・ザ・イヤー」を受賞しました。

また、「Biopod Downwool Nature」は、ドイツフリードリヒスハーフェンにて毎夏に行われる、欧州市場の流通事業者・メディア向けアウトドア展示会「The OutDoor Show Friedrichshafen」においても、「OutDoor INDUSTRY AWARD 2018」を受賞しており、世界が注目する商品となっています。

そこで今回は、徹底した環境への配慮と、天然素材のメリットを最大限に生かした機能性が高く評価された、「Biopod Downwool Nature」についてご紹介したいと思います!

すべてのパーツが天然素材

出典:Grüezi bag

「Biopod Downwool Nature」は、すべてのパーツが天然素材でできています。『Back to nature. 』自然に優しくありたいという思いが込められています。

生地には、通気性に優れ、肌に優しい素材GZ-Cottonを用いた、綿100%となっています。綿を使用していることで肌触りがとてもよく、快適な寝心地を提供してくれます。肌触りだけでなく、撥水性と耐久性も備える優れものです。

充填素材にはダウンとウールを組み合わせ、軽量性と高い断熱性を兼ね備えた「Grüezi bag」オリジナルの「DownWool」が使用されています(コチラは後ほど詳しくご紹介いたします!)。

出典:Grüezi bag

出典:Grüezi bag

また、「Biopod Downwool Nature」にはチャックは使われておらず、その代わりに、木製のボタンがあしらわれています。メイン素材だけでなく、細部にも自然へのこだわりを見せています。

世界最高レベルの安全性

出典:Grüezi bag

「Biopod Downwool Nature」は、数百種類の有害物質を対象とした厳しい分析試験をクリアし、世界最高水準の安全性と信頼性を証明されている「OEKO-TEX® Standard 100」認証を受けています。

「OEKO-TEX® Standard 100」認証を持っているこということは、寝袋本体だけでなく、充填素材やボタンや刺しゅうなどの付属品すべてにおいて、人や環境に安全で安心であることが保証されていることを示します。また1年ごとに更新という厳しい基準も課されています。

「Biopod Downwool Nature」の『Back to nature. 』の思いに込められた、徹底した人や環境への配慮が伺えます。

理想的な睡眠環境を提供

ポイントは「ウール」

出典:Grüezi bag

出典:Grüezi bag

寝袋の充填素材として、断熱性を求めたダウンの寝袋はありますが、「Biopod Downwool Nature」はダウンだけでなく、70%のダウンと30%のウールで構成された『DownWool』を用いています。

では、普通のダウンの寝袋とは何が違うのでしょうか?

出典:Photo AC

そのポイントは「30%のウール」です。

ダウンは軽量で、非常に高い断熱性を持っています。しかし、ダウンの欠点は湿度に弱いこと。
寝袋で一晩眠ると、身体から出る汗などで湿度が上昇してしまいます。すると、ダウンによる断熱効果が大幅に低下してしまうのです。

その欠点を補ってくれのが「ウール」です。ウールは、断熱性を保ちながら、水分も吸収することができます。
ウールが水分を吸収し、寝袋内の湿度を下げてくれることで、ダウンは常に乾燥状態を保つことができます。ウールを配合することで、ダウンは非常に高い断熱機能を一晩中維持することができるのです。

ただし、ウールだけで構成すると軽量性が失われ重たくなってしまいます。
「Grüezi bag」は、ダウンとウールの混合素材に徹底的にこだわり、最終的にダウン70%:ウール30%というオリジナルの比率の充填素材「DownWool」を生み出し、軽量性と理想的な睡眠環境の両方を実現可能としました。

出典:Grüezi bag

なお、「Biopod Downwool Nature」の快適使用温度は6℃、限界使用温度は1℃となっています。

ちなみに、氷点下で使用できる「DownWool」の寝袋として、「Biopod DownWool Ice」や「Biopod DownWool Subzero」がありますが、こちらは生地にナイロンを使用しており、天然素材100%ではありません。

さらに睡眠を快適にする各機能

寝袋の幅が調節可能

出典:Grüezi bag

「Biopod Downwool Nature」は開口部がとてもゆったりとしており、カバーを重ねて使用する仕様となっており、体型に合わせて幅を調節することが可能です。

枕が作れるピローポケット

出典:Grüezi bag

フード部分には、ピローポケット付いています。タオルやフリースのジャケットなど入れて枕を作り、さらに寝心地良くすることができます。

外側と内側にポケット搭載

出典:Grüezi bag

出典:Grüezi bag

寝袋の外側と内側に、小物を収納することのできるポケットが搭載されています。お財布や携帯、鍵などの貴重品や小物を手元に置いておけるので便利ですし、防犯としても安心です。

寒いときはインナーヒーターを追加

出典:Grüezi bag

出典:Grüezi bag

さらに暖かくして使いたい場合は、「Biopod Downwool Nature」の寝袋のインナーとして、寝袋型のヒーター「Feater」追加することもできます。素材はマイクロファイバーで、USBインターフェイスによって作動します。外気温や季節に合わせて仕様が変えられるので、1年を通して長く使うことができそうです。

商品情報

商品名 Biopod Downwool Nature
価格 399.99ユーロ
素材 生地:綿100%
充填素材:「DownWool」70%ダックダウン/30%ウール
ボタン:木製
大きさ 215 x 80 x 50 cm(身長185 cmまで)
パックサイズ Ø19 x 35 cm
重量 約1.650g
使用温度 快適使用温度:6°C / 限界使用温度:1°C

人にも環境にもやさしい高機能寝袋

ひとつひとつのパーツ細部まで、天然素材100%にこだわり、人にも環境にもやさしい寝袋「Biopod Downwool Nature」。

その追求精神は素材に留まらず、機能性にも表れています。「ウール」を用いた高断熱性への長年の研究もすばらしいものです。睡眠環境にも徹底的にこだわりぬいた「Biopod Downwool Nature」は、この上ない最上級の寝心地を提供してくれることでしょう。


written by shiro_ro