ずぼらキャンプ飯のススメ。 たき火に食材を入れる 以上!

BBQ、焼き肉に飽きてきた… そんなあなたへ、お手軽キャンプ飯のススメ


出典:写真AC

キャンプの楽しみといえば、ご飯!といっても過言ではないでしょう!(笑)
ですが、毎回BBQとなれば、ちょっと飽きてきちゃいますよね。

そんな時は、お手軽アルミホイル飯なんていかがですか?

アルミホイル飯のススメ

アルミホイル飯のレシピは簡単。
1.食材をアルミホイルで巻く
2.焚火に投入   以上!

焚火を楽しみながらできるのは、まさしくキャンプの醍醐味です。
レシピは簡単。お気に入りの食材をアルミホイルで巻くだけです。

アルミホイル飯は基本時間がかかります

ですので、メインの食材は麺類などで簡単に済ませてから、じっくり焚火タイムを楽しみのをおすすめします♪
もちろんBBQしながらも楽しめますので、BBQを楽しみながらアルミホイル飯もおすすめです♪

<こんな時におすすめアルミホイル飯>
・すでにメインの一品がある
・焚火を楽しみつつ飲みたい
・時間はあるが、あまりがっつり食べるつもりはない

アルミホイル飯のススメ
<準備するもの>



出典:写真AC

  • 軍手 →食材は熱いので軍手を用意するのをおすすめします。
  • キッチンバサミ →包丁でもOKですが、キッチンハサミがあるととても楽です。
  • アルミホイル
    →通常のアルミホイルだと2~3重巻きにする必要があります。
    BBQ用のアルミホイルならば、1枚巻きでOKです。
  • 食材
    →リンゴ、サツマイモ、ジャガイモ、トウモロコシ、玉ねぎ、バナナ、ガーリックトースト

などなど…
あなたの好きな食材でOK

おすすめレシピ

サツマイモ・ジャガイモ (所要時間60分)


出典:写真AC

たき火といえば焼き芋ですね!!
昨今お庭での焚火ができなくなりました(涙)
なので、たき火が楽しめるキャンプでは焼き芋を作っちゃいましょう!

→ホイルは3重にして、じっくりと焼きます。
竹串を刺して、スーッと通ったら食べごろです。
バターや、塩辛をかけてどうぞ

リンゴ、玉ねぎなど水気の多い野菜類(所要時間 60分~)


撮影:筆者

アルミホイルを2~3重にまいてそのまま投入OKです。
皮むきは不要です。

引き上げる目安は、火鉢でつかんだ時に「柔らかい?」と感じたらOKです。
アルミホイルをはがして、キッチンハサミで食べやすい大きさに切ってください。

牡蠣


出典:pixabay

牡蠣もアルミホイルにくるんで焚火へGO!
家ではできない絶品メニューです。

カートンドック、 フランスパンのガーリックトースト(所要時間:数分)

出典:pixabay

実はカートンドックも焚火アルミホイル飯で完成です。
焼時間は、すぐ焼けてしまうので短時間でOKです。

<カートンドックレシピ>
・ホットドックにお好きな野菜、ソーセージ、チーズを入れる
・アルミホイルで3~4重巻きにする
・焚火に入れる

<フランスパンのガーリックトースト>
・フランスパンに切り込みを入れます。
・切れ込みにガーリックバターを塗りこみます。
・パンをアルミホイルで3~4重巻きにします。
・焚火に入れて、数分したら取り出します。

にんにく(所要時間:数十分)

出典:写真AC

にんにくは皮をむかずにそのままアルミホイルで包んじゃいましょう。
焚火でにんにくが柔らかくなり、口の中にじゅわーっと甘みが広がります

とりあえず、なんでも入れてみよう!


出典:pixabay

焚火に入れるおすすめ食材を紹介しましたが、これ以外にも焚火にアルミホイル飯で絶品になる食材はたくさんあります。

たとえば、道の駅で新鮮なタケノコや、大きなシイタケを見つけたら、とりあえずアルミホイルでくるんでみましょう♪

失敗しても、それも楽しい思い出です。
いろいろ実験してあなただけのキャンプ飯をもっともっと楽しいものにしてくださいね!

written by 水木 幸