【BE-PAL2021年3月号】人感センサー搭載!?富士山デザインのLEDランタンが付録についてくる!

BE-PAL2021年3月号の付録は、人を感知してパッと自動点灯する『富士山LEDランタン』です。

ランタンは2020年1月号のCHUMSブービーバードLEDランタンから約14か月ぶりの登場です。
なんと!今年は人感センサーが付いた「どこで買ってきたの?」と聞かれそうな、クオリティが高い付録となっています♪

付録レビュー:BE-PAL2021年3月号

撮影:筆者

撮影:筆者

撮影:筆者

撮影:筆者

本体サイズは、横11cm×高さ14cm×奥行3cmです。

撮影:筆者

本体前面の中央にある、“おへそ”みたいな出っ張りが人感センサーです。
「人感センサーは押さないでください」とBE-PAL本誌に記載があります。

モードは3種類

撮影:筆者

本体裏側にスイッチがあり、切り替えて使用します。
左から ON / AUTO / OFFとなっています。

ON:常時点灯
AUTO:人感センサーモード。
センター探知範囲に人や動物がいる間は点灯し続けます。※約30秒後に自動消灯
OFF:消灯

単4乾電池3本使用

撮影:筆者

本体裏側に電池を入れる場所があります。
使用するのは、単4乾電池を3本。
正直、奥の電池は入れにくく出しにくいです。

明るさについて

撮影:筆者

撮影:筆者

撮影:筆者

本体内部には、4つのLEDライトが配置されています。
明るさの具体値(ルーメン)についての記載は、見つけることはできませんでした。

体感としては、手元を照らす程度の明るさと感じました。

撮影:筆者 右180ルーメン

180ルーメンの灯りを隣に置いた時の状態です。

撮影:筆者 右30ルーメン

30ルーメンの灯りを隣に置いた時の状態です。
30ルーメンが近いかな?という感じです。

センサーの範囲

撮影:筆者

センサーの範囲は、本体前面から約2m・上下左右約90度となっています。
センサーの探知はとても良好でした。

防水ではない

残念ながら防水ではないため、屋内の利用となりそうです。
就寝時にテントの入り口などにおいておけば、人を感知すると点灯しますので防災にも役立ちそうな予感です。

雑誌紹介

出典:Amazon

  • 価格:1,000円(本体価格909円)
  • 大特集:初心者でも安心! ポカポカ冬キャンプ
  • 小特集:キャンプに旅に大活躍 カブ主遊体験
    “壊れかけのギア”リペア&リメイク術
    アウトドアズマン列伝
  • 発売日:2021年2月9日

今月号は、冬を楽しむための内容が盛りだくさんです。

大特集では、冬キャンプを楽しまれている方のテクニックやサイトデザインなどが楽しめます♪
小特集の『“壊れかけのギア”リペア&リメイク術』も必見!
個人的にはリペア関係で大特集を組んで欲しいくらいです。

まとめ

付録とは思わないクオリティの『富士山LEDランタン』。

防水ではない・・・というのが少し残念でしたが、自動で点灯するのでキャンプの防犯としても使えそうなアイテムです。
また、クローゼットや物置などに置いておけば、いちいち電気をつける必要もないのでとても便利そうです。
車庫などに置いておいても便利そうです。

ただし、周りの明るさは考慮していないらしく明るい屋外でも反応してしまいました。
これについては、付録ですので仕方ないのかな?と考えています。

来月号の付録は、BE-PALお馴染みのHaglofsコラボ!
口をロールアップできるスタッフバッグとなっており、布物を収納するのにとても便利そうです。
今回はBIGサイズですので、キャンプの時の温泉セットに使えそうだなぁ~と今から楽しみです。

BE-PAL


written by 水木 幸