【BE-PAL2020年1月号】エアー式だから超軽い♪CHUMS×BE-PALブービーバードLEDランタン

2019年12月9日販売のBE-PAL 2020年1月号の付録は、CHUMSのブービーバードが超キュートな空気で膨らませるLEDランタンです。

ランタンは、2019年5月号の富士山ランタン以来ですので、約8カ月ぶりの登場。
今月号のランタンも、エアー注入式でとても軽くてコンパクトなのが特徴。

LEDライトを上と下とで入れ替えが可能となっており、卓上用にも吊り下げ用にも、どちらでも使うことができるように考えられたランタンです。

今月の付録は、CHUMSファンはマストバイですよ♪

LEDは上下で入れ替え可能。キュートなLEDランタン

撮影:筆者

撮影:筆者

裏面には使用上の注意等の記載があります。

撮影:筆者

では、さっそく開封していきます。

撮影:筆者

CHUMSロゴが付いたランタン本体(空気を入れる前)と、LEDライトの2つが入っています。

撮影:筆者

撮影:筆者

使用する電池は単4電池3個です。※電池は別途用意する必要があります。

撮影:筆者

ランタンは、口でも簡単に膨らますことができます。

ランタン本体を膨らまし、LEDライトを上か下に差し込んで使います。

撮影:筆者

撮影:筆者

どのくらいの明るさなのか、ポップアップテントの中でランタンの灯りを試してみました。

撮影:筆者

撮影:筆者

すごく明るい!というわけではないですが、手元を照らすには十分な明るさです。

余談ですが、LEDライトを上に入れた状態では自立しませんでした。
床に置いて使いたい場合は、LEDライトをランタン下に入れて使う必要があります。

撮影:筆者

あと、電源ON/OFFの切り替えがちょっと面倒かも‥。

DODのテキーラランタンレッグに吊るしてみるとこんな感じです。

撮影:筆者

撮影:筆者

意外と大きいかも?と思い、手持ちのLEDライトと大きさ比較です。

撮影:筆者

CHUMSランタンを、定規で測ったところ約19cmありました。
大きさ比較で置いているランタンは、LEDモスキートランタンです。

それと、「軽さ」が気になりました。
屋内や手持ちで使っている分には問題ありませんが、キャンプなどの屋外で使う際には風に飛ばされないように気を付ける必要があるかもしれません。

このLEDランタンはさっそく子供が飛びつき、お気に入りの一品になりました。
次回のキャンプでは子供専用のランタンにできそうです。

BE-PAL2020年1月号

出典:Amazon

  • 価格:850円
  • 特集:今すぐ欲しい激売れ道具230
  • 発売日:2019年12月9日
  • JANコード: 4910176310109

動画で見ようB-PAL付録も要チェックです!

本誌の特集も「キャンプギア好き」にはたまらない!

今月号の特集は「今すぐほしい激売れ道具230」というタイトルから想像する通り、テント・タープ・クッカーなど人気のギアがランキング形式で紹介されています。

そろそろ新しいギアを新調したい人も、これからキャンプをはじめたい人にも見ているだけで楽しい特集になっています。

BE-PAL2020年1月号についてもっと知りたい方は、公式サイトもチェックしてくださいね。
ビーパル1月号の付録はチャムスコラボの「ブービーバードLEDランタン」
投稿大募集!「ブービーバードLEDランタンの活用シーン」写真コンテスト開催!

BE-PALの購入は、お近くの書店またはネットショップから可能です。
Amazonで見る
楽天で見る
Yahoo!で見る


written by 水木 幸