キャンプに持っていきたい!おすすめ小型石油ストーブ4種【9畳まで】

寒くなってくると必要になるのが暖房です。

キャンプで持っていく暖房として、薪ストーブ/石油ストーブがあります。

薪ストーブは、まさしくアウトドア!とう感じでテンションが上がるギアではありますが、お手軽かつ家庭用でも利用できるという観点から石油ストーブを選ぶ方も多いです。

今回は、数多くある石油ストーブから10畳程度の小型ストーブを4つ紹介します。

どういったストーブを選べばいい?

出典Amazon

キャンプに石油ストーブを持っていこう!
となったとき、どんな石油ストーブを購入すればいいか悩みますよね?

<4つのポイント>

  • どの程度の範囲を温める必要があるか
  • 製品サイズ・重量
  • 価格
  • 点火方式

どの程度の範囲を温める必要があるか

石油ストーブの暖かさの範囲は、「暖房出力」を見るとわかります。

大きめのテントならば、暖房出力が大きいストーブを。
逆にソロキャンプなど、そんなに広い範囲を温める必要がなければ小型の石油ストーブを選びましょう。

製品サイズ・重量

あなたの選んだストーブはキャンプに持ってける大きさですか?
あまり重い石油ストーブだと車に乗せるのも一仕事です。

広い範囲を温めたいのならば、小型~中型の石油ストーブを複数持っていくという選択もあります。

価格

同じような性能でもアウトドアブランドの製品は少し高い傾向にあります。
あなたの予算に応じた石油ストーブを選択しましょう。

点火方式

火をどのようにつけるか確認しましょう。

乾電池を入れて、ボタンを押すと火が付くタイプですか?
それとも、別途マッチが必要なタイプですか?

【9畳まで】小型石油ストーブ4つを紹介!

9畳程度まで対応の石油ストーブを紹介します。

スノーピーク レインボーストーブ KH-001BK

出典Amazon

参考価格 ¥34,344~
外形寸法(置台含む) 幅388mm 奥行388mm 高さ485.7mm
重量 約6.2kg
点火方式 電池点火(別途単二型乾電池が必要)
燃料タンク容量 4.9リットル
燃焼継続時間 約20時間
暖房出力 2.5kw

特殊なガラス加工で七色のグラデーションの燃焼炎
キャンプでもおうちでも使えて、snowpeakフリークにはたまらないアイテムです
出典:amazon

SUND 灯油ストーブ  SUND-123

出典:amazon

参考価格 ¥7,899~
外形寸法
(置台含む)
約33x33x45cm
重量 約5kg
点火方式 乾電池or
ライターやマッチ
燃料タンク容量 4.5 / 6L
燃焼継続時間 約16~21時間

キャンプでの野外コーヒー作り、ブッシュクラフト、 釣り等のアウトドアをはじめ、冬の防寒対策、災害時等の いざという時にも頑丈で便利なストーブとして重宝します。
出典:amazon

TOYOTOMI対流型 石油ストーブ RL-25F(G)

出典:amazon

参考価格 ¥ 39,200~
外形寸法
(置台含む)
高さ48.5×幅38.8×奥行38.8cm
重量 6.2Kg
燃料タンク容量 4.9L
点火方式 単2形乾電池×2本
※乾電池は別売
暖房出力 2.50kW~1.25kW
コンクリート9畳 木造7畳
燃焼継続時間 約20~40時間

夜 ストーブの灯りが美しい。素敵なストーブです。消した時に臭わないことに驚きでした。

早速冬キャンで利用。
対流型の熱の伝わり方を再確認しました。給油口が小さいので石油をこぼしましたが、明るさ、レインボーな光感、デザインなど気に入っています。満タンフルパワーで24h以上燃焼することを確認できました。買いです。
出典:amazon

TOYOTOMIレインボー 対流形石油ストーブRB-250(W)

出典:amazon

参考価格 ¥ 20,440 ~
外形寸法
(置台含む)
47.45X38.8X38.8 cm
重量 6.2Kg
点火方式 単2形乾電池×4本
※乾電池は別売
暖房出力 2.50kW~1.25kW
木造7畳まで コンクリート9畳まで
燃料タンク容量 4.9L
燃焼継続時間 約20~40時間

燃焼中、特殊ガラスコーティングにより炎の輪が七色に輝きます。

秋冬キャンプ用に購入しました。自動着火になり便利だと思います。給油が本体とタンク一体型は運ぶのが重いのと、給油口が小さいのがちょっと!!
火力調節出来るのはとてもよいです。
出典:amazon

まとめ

9畳までの小規模範囲用の石油ストーブを4つ紹介しました。

石油ストーブは持ち運びは少し大変ですが、薪ストーブと比べると圧倒的に点火などは楽です。
また、キャンプだけではなく自宅用としても利用できるのがうれしいところです。

今度のキャンプに石油ストーブはいかがですか?


written by 水木 幸