3秒で設営可能!Colemanファイアーディスクとファイアーディスクプラスを比較してみました!

グッドデザイン賞を受賞した焚き火台「ファイアーディスク」は3秒で設営ができると言われており、とても簡単に焚き火を楽しむことが出来るアイテムです。

その「ファイアーディスク」より更に大きなサイズの「ファイアーディスクプラス」が今年の秋冬モデルとして登場!この2つを比較してみました!

まずは大きさから

結構大きさに違いがあるのが分かりますね!

組み立てはファイアーディスクもファイアーディスクプラスも同じで、裏側についている足を立てるだけ!実際3秒もかかりませんね。簡単!

外で焚き火をしてみました。

円盤型の構造のおかげで、薪を置いても下の部分に空間があり、隙間に風が吹き込みやすく薪に火を付けるのはとても簡単でした!

どの方向からも薪をくべられるのと、通気性抜群なので初心者でも手軽に焚き火を楽しむことができます。

同じ薪でファイアーディスクとファイアーディスクプラスの大きさを比べると…

 ファイアーディスク ファイアーディスクプラス

ファイアーディスクだと1人〜3人くらいで楽しめそうです。ファイアーディスクプラスだと大きめの薪を乗せてもこんなに余裕があります!まだまだ薪を追加できそうです。

ファイアーディスクプラスだと1人〜4、5人くらいで囲って楽しめる大きさです!

焚き火を楽しんだあとは灰や炭を捨てるのにひっくり返して、さっと拭くだけで灰が残ったりする心配はありません。

あとは専用のバッグにしまうだけです!

※焚き火台が熱くないか確認し、やけどに注意して片付けをして下さい。

持ち運びもラクでとっても簡単に焚き火を楽しめます!専用の網をセットすればBBQも可能です。

ファイアーディスクとファイアーディスクプラス、ぜひ皆さんも試してみて下さい!

▼コールマン ファイアーディスク詳細
https://ec.coleman.co.jp/item/IS00060N05678.html

▼コールマン ファイアーディスクプラス詳細
https://ec.coleman.co.jp/item/IS00060N06853.html


written by 編集部