Made In USA 無煙ファイヤーピットで豪快な焚火を楽しもう♪『BREEO Xシリーズ』

焚火の煙は服ににおいが付きますし目に入るととてもしみるため、嫌厭される方が多いです。
ですが、煙を避けていちいち場所を移動するのは面倒ではありませんか?

そんな方には煙の出ない焚火台がオススメです!

『BREEO Xシリーズ』ファイア―ピットは、アメリカペンシルベニア発の「まさしくアメリカ!」といった焚火から焚火調理までこなすファイア―ピットとなっています。

ファイアピットパイオニアBREEO

出典:Facebook

BREEOは、2011年から煙の出ない焚火台の製造販売を行っている無煙ファイア―ピットのパイオニア的な存在のメーカーです。
コンパクトに持ち運べる焚火台とは相反する、100%アメリカ製のサイズも重さも頑丈さもビッグサイズなファイア―ピットです。

しっかり2次燃焼するから煙が少ない

出典:Facebook


BREEOのファイア―ピットは特許取得済みのXAirflowシステムと2重壁の対流により煙を再燃焼させより多くの炎を出します。(2次燃焼)
その結果、煙がほどんどで出ることなく焚火をを楽しむことができます。

コルテン鋼へのこだわり

出典:Facebook

一般的な焚火台はステンレス製が多いのに対して、BREEOのファイア―ピットコルテン鋼(Corten Steel)が採用されています。
コルテン鋼は橋などの建築物などにも使われる耐食性の高い素材です。
独特な錆びたような質感が素朴な味わいを演出します。

※材質は、304 Stainless Steelも選択可能です。

豪快なアメリカンBBQが楽しめる

出典:Facebook

出典:Facebook

炎を楽しむだけではなく調理もお手の物♪
縁の部分は高温となっており、フライパンや食材を直接おいての料理が可能。
これぞ、大型の焚火台だからこそ出来る醍醐味です。

出典:Facebook

また、グリル台などの専用オプションも用意されており、様々な調理に対応しています。

サイズは3種類

出典:BREEO

出典:BREEO

出典:BREEO

ニーズに応じて、X19・X24・X30の3サイズ展開。
一番小さいX19でも直径22.13インチ(59.2cm)、47lbs(21.3㎏)と家族で楽しむには十分なビックサイズ。
また、一番大きいX30は直径34.5インチ(87.6cm)、94lbs(42.6㎏)とグループで楽しむ超大型ファイア―ピットです。

調理を充実させるオプション

専用オプションを追加することにより、調理の幅がぐんと広がります。

BREEO OUTPOST

出典:BREEO

出典:Facebook

ファイヤーピットに接続してグリル台として使える専用オプション。
サイズはX19、X24の2サイズ展開です。

出典:Facebook

ファイヤーピットに接続するだけではなく、地面などに刺しての単体での利用も可能です。

BREEO OUTPOST 19 WITH BAG
BREEO OUTPOST 24 WITH BAG

KETTLE HOOK

出典:BREEO

出典:BREEO

出典:BREEO

ヤカンやダッチオーブン、食材などを吊るすのに便利なKETTLE HOOK。
BREEO OUTPOSTに取り付けて使用します。

BREEO 19″ KETTLE HOOK
BREEO 24″ KETTLE HOOK

BREEO X SERIES LID

出典:BREEO

出典:BREEO

BREEOファイア―ピットは大型の超重量の焚火台。
耐久性も高く、使用するたびにガレージから出し入れする必要もなく出しっぱなしでの使用も想定されています。
そこで気になるのは、屋外放置による内部への雨や枯れ草などのゴミ。

蓋をすることにより、雪や雨などからファイア―ピットを守ります。
※蓋は完全防水ではありません
X19,X24,X30それぞれ専用の専用蓋が用意されています。

BREEO X SERIES 19 LID
BREEO X SERIES 24 LID
BREEO X SERIES 30 LID

まとめ

出典:Facebook

出典:Facebook

2次燃焼によるダイナミックな炎と豪快な焚火料理が楽しめるアメリカ製ファイヤーピット『BREEO Xシリーズ』。
煙が少ないためいちいち場所を移動せず調理や炎を楽しむことができる、家族からグループまで楽しめるファイア―ピットです。

かなり重いため持ち運びには不便ではありますが、自宅の庭やイベント会場、飲食店などの屋外スペースなどなどで使えば大注目間違いなしです♪

詳細についてもっとよく知りたい方は、公式サイトも覗いてみてくださいね。

BREEO


written by 水木 幸