美しい炎の渦が続くポケットストーブ:Ember Stove

Ember Stove(所在地:シンガポール)は、調理や暖房として利用できる「ポケットに入る小型ストーブ」のクラウドファンディングをKICKSTARTERにて実施しました。

洗練されたデザイン・軽量コンパクト・燃料は小枝だけ・火が長持ち・フライパンが安定する3点台など、アウトドア調理においてうれしい機能満載のストーブです!

洗練されたデザイン・軽量コンパクトなストーブ

Ember Stoveは、軽量コンパクト、お手入れ楽々などキャンパーにうれしい機能が満載のポケットストーブです。

<Ember Stove 7つのポイント>

  1. 超高効率の渦炎により、点火しやすく加熱しやすい
  2. 驚くほど軽量コンパクト - ポケットに入るストーブ
  3. 長持ちする渦の炎・煙が少ない
  4. 簡単組み立て
  5. 燃料は小枝と棒だけ
  6. 鍋やフライパンが安定しやすい設計
  7. 簡単お手入れ

1.超高効率の渦炎により、点火しやすく加熱しやすい

Ember Stoveの構造により、着火は驚くほど楽にできます。

着火後は、調理しやすいように熱が集中するように設計されています。

2.驚くほど軽量コンパクト - ポケットに入るストーブ

重さはわずか500g
ポケットに入るくらいコンパクト
使いたい時に、さっと取り出せます。

3.長持ちする渦の炎・煙が少ない設計

Ember Stoveの効果的な空気循環により、炎が驚くほど長続きします。
また、完全燃焼することにより、調理中に発生する煙が少なくなるように設計されています。

4.簡単組み立て

組み立てはとても簡単。
組み立てるための、”余計な部品”などがないシンプル設計です。

5.燃料は小枝と棒だけ

特別な燃料は必要ありません。
そこらへんに落ちている小枝や棒だけでOKです。

燃料費が節約できます。

6.鍋やフライパンが安定しやすい設計

調理台部分は、鍋を安定させるために3ピン調理台となっています。

調理中もストーブは安定しています。

7.簡単お手入れ

高温に強く、丈夫にできています。
汚れたら、中性洗剤で洗うだけできれいになります。

Ember Stoveの技術

特別に設計された通気口により最高の調理効率が実現しました。

  1. 気孔から冷たい空気が入り、加熱されます。
  2. 予熱された空気がボルテックスチャンバー内に上向きに導かれ、火災の渦に燃料を供給します。
  3. 火の渦が熱を調理台の上に集中させます。

製品仕様

製品名称 Ember Stove
材質 Premiun 304 ステンレス鋼
サイズ 高さ:65mm (折り畳み時35㎜)
直径:100㎜
重量 500g

Ember Stoveをもっと詳しく知りたい方は、以下のURLおよびプロモーションムービーもご確認ください。

■【KICKSTARTER】Ember Stove
https://www.kickstarter.com/projects/1080375761/ember-worlds-most-beautiful-pocket-stove-with-fire/description

■プロモーションムービー

入手方法

本プロジェクトは2018年12月18日に終了しています。
目標金額達成し、プロジェクト成功となりました!

クラウドファンディングのEarlyBird(早期割引)が終了してしまいましたので、プレオーダーの開始を待つことになります。

執筆時点で、プレオーダーの開始時期の明確な日時の記載はありませんが、2019年3月にはプロジェクト始動となっており、その前後でプレオーダーが開始されると推測されます。

最新情報についてはKICKSTARTERのWebサイトをご確認ください。

■【KICKSTARTER】Ember Stove
https://www.kickstarter.com/projects/1080375761/ember-worlds-most-beautiful-pocket-stove-with-fire/description

クリエイターについて

 

View this post on Instagram

 

Emberさん(@emberstove.co)がシェアした投稿

Ember Stove
所在地:シンガポール

シンガポールを拠点として活動するアウトドアデザイナー

まとめ

キャンプ歴が長くなってくると「ギアの小型化」に興味を持つキャンパーも多いのではないでしょうか?

このEmber Stoveは軽量・コンパクト・そして丈夫。
特別な燃料はいらず、小枝や棒などで驚くほどの燃焼効率が実現しました。

調理をするもよし、ミニ焚火を楽しむもよし!

日本上陸が、今から楽しみです!


written by 水木 幸