登山では珍しい?クラシックスタイルの登山用ティピ登場!

2018年7月、世界最大のアウトドアスポーツ国際見本市【OUTDOOR RETAILER SUMMER MARKET 2018】がコロラド州デンバーにて開催されました。この展示会は、世界中のアウトドアショップや、メーカー、輸入業者、卸業者などが集結するビッグイベントで、年2回サマーシーズンとウィンターシーズンの新商品が発表されています。

出典:interstyle

そんな世界的なアウトドアのサマーマーケットで、
Mountainsmithのクラシックかつ機能性に優れた登山用ティピテントが高評価を受けました。
そこで今回は、2019年発売のMountainsmithの気になる新製品、『Mountain Tipi Tent』をご紹介いたします。

Mountainsmith(マウンテンスミス)とは

出典:MOUNTAINSMITH

Mountainsmith(マウンテンスミス)は、1979年、Patrick Smithにより設立され、ランバーパックをはじめとした優れた機能性をもつバックパックを開発しているアウトドアメーカーです。バックパックの他にも、高い耐久性や快適性を求めたトレッキングポール、テントなどの様々な登山用アイテムを創り続けています。

2019年新製品:Montainsmith Mountain Tipi Tent

Mountainsmithの新しい登山テント『Mountain Tipi Tent』。サマーマーケットでの一番の注目点は、非常にクラシカルでシンプルなデザインです。無駄を一切省き、洗練されたそのフォルム。そして、シックなアースカラーをベースに、ガイラインはイエローカラーでポイントとなっていて、登山ユーザーにはたまらない、THEアウトドアなベーシックデザインとなっています。

優れた機能性

プロとして、快適なアウトドアライフを追求しつづけるMountainsmith。その新製品のMountain Tipi Tentは、もちろん、見た目だけではありません。

軽量を自負するMountain Tipi Tentの重さは、メディアの情報によると、わずか4~5ポンドほど(約1.8~2.3kg※)。
フルパッケージでも7ポンド以下(7ポンド=約3.2kg※)とのことです。
※重量の数値は、メーカーの正式なものではありません。

さらに、これだけ軽量にもかかわらず、風速20mph(8.94m/s)の風にも耐えられるほどの高い耐久性を持っているそうです。

広さは、約55平方フィート(約5.1平方メートル)程度で、大人二人でも十分なスペースとなっています。また、ティピの上部には、雨が入らない構造の換気口が3つ備え付けられているため、夏でも快適に過ごせそうです。

なぜ、登山にティピなのか?

出典:GEARJUNKIE

登山テントでは珍しいティピテント。しかしながら、ティピテントは、ワンポールですぐに設営できるため、急激な天候変化でも短時間で避難場所を設置することができます。また、ティピテントの形状は雨や雪を滑り落としやすいため、悪天候での登山滞在でも安心して快適に過ごすことができそうです。

今回の新製品Mountain Tipi Tentは、登山の快適さを極め続けるMountainsmithだからこその、新しい挑戦のように感じられます。

まだ、Mountainsmithの公式サイトにも紹介されていないMountain Tipi Tent。今後の公式リリースに注目したいところです。

 


written by shiro_ro
11月もまだまだキャンプ出動予定!