新体験!涼しくなる寝袋?体感温度-5℃『Air 寝袋』を紹介

Air 寝袋3

私たちキャンプ好きは、暖かくなってくるとキャンプしたくなり、居ても立ってもいられなくなりますよね。
気持ちがいい時期は本当に快適にひと晩過ごせますが、真夏のキャンプは非常にツラいものがあります。

とにかく寝苦しい暑さ。それを少しでも解消しようとテントのファスナーをオープンにすると、虫が入ってくる…

どうしようもない厳しさかと思われた夏のキャンプですが、悩みを解決する寝袋がクラウドファウンディングで大きく注目されています。

その名も『Air 寝袋』。目標の3000%を超える金額を集めるという圧倒的人気。

今回は、そんなAir 寝袋の人気の秘密を探っていきたいと思います。

夏の寝苦しさを解消する『Air 寝袋』を紹介

Air 寝袋

出典:Makuake

上の写真のように、Air 寝袋は足元にファンがついた寝袋。ファンの力を借りて寝袋の中に風を送り込むことで、体感温度を下げるという発想です。

ファンがついているだけでしょ?そんなに涼しくなるの?と思った方、実は同じような服が世の中に存在していて…
炎天下や密閉空間で作業するような工事関係者の方が、ファンが付いた作業着を着ています。

そんな、暑さは死活問題の方々がファン付きの服を愛用しているのです。同じ発想である寝袋も、効果バツグンであることは目に見えて明らかでしょう。

さて次は、もう少し具体的に涼しくなる理由を紹介していきますね。涼しく感じる大きな理由は「気化熱」です。水分は液体から気体になるときに熱を奪うのですが、同じことが汗が蒸発するときに起こります。

なので、体感温度-5℃を実現できるというわけですね。

『Air 寝袋』の嬉しいポイントとスペック

air 寝袋2

出典:Makuake

さて次は、Air 寝袋はただのファンのついた寝袋ではないことをお教えします。工夫がたくさんあります。

  • 185gという超軽量
  • 本体長さ200cmで、エアーを循環している際に十分に寝返りも可能
  • 頭まですっぽり入ることができ、顔部分をメッシュにして、空気の通り道と視界を確保
  • ファンの側には保冷剤を入れてさらに冷やせる

アウトドアでの使用を想定しているので、このように軽さ・使いやすさが徹底されているのです。

Air 寝袋のスペック

最後にスペックをご紹介します。

  • 重量:185g
  • 長さ:200cm
  • 材質:ポリエステル
  • 風量調整:弱中強
  • 電源:10000mAモバイルバッテリーで約8時間動作(強設定)

8時間持てば、一晩は大丈夫。十分ですね。

『Air 寝袋』で不快な夏のテント泊とはオサラバしよう!

夏のキャンプにつきまとう暑さ問題を一気に解消してくれる『Air 寝袋』を紹介しました。

Makuakeで2020年06月16日まで応援購入が可能なので、ぜひチェックしてみて下さい!

Air 寝袋3