屋内やアウトドアシーンで大活躍!電気マット『Toasti』

アメリカ合衆国オハイヨ州のJeff Bargiel氏は、屋外でも使用可能な電気マット『Toasti』のクラウドファンディングをKICKSTARTERにて実施しました。

Toastiは、「自宅でヨガを楽しむために暖かいマットが欲しい」という思いから作られたマット。
試作品を冬のキャンプに持っていったところ、快適なことにびっくり!

クラウドファンディングの運びとなりました!

屋内・屋外でも暖かい電気マット『Toasti』を紹介します!

開発者の思いが詰まった電気マット『Toasti』

Toastiのクラウドファンディングは2018年12月26日まで行われていました。
目標金額達成し、プロジェクト成功となりました!

<Toasti 4つのポイント>

  1. 4段階の暖かさ調整
  2. 室内だけではなく、屋外でも使える
  3. OFFタイマーは1分~9時間で設定可能
  4. 両面使用可能

4段階の暖かさ調整

“ほのお”マークのボタンを押すと暖かさのモードを変更することができます。
モードは4パターン設定可能。

室内だけではなく、屋外でも使える

ヨガ用に開発されたマットですが、電源の確保さえできれば屋外でも利用できます。

<Toasti利用シーン>

  • ヨガなどのストレッチ
  • 寒い日の屋外での車のガレージで
  • キャンプで寝袋の下に
  • 家でのリラックスタイムに
  • オフィスにて
  • ペット用のカーペットに

Toastiがあれば、自宅でのストレッチ・ヨガタイムがワンランクアップ!
暖房の温度を上げることなく、暖かい環境でポーズを楽しむことができます。

また、寒い日の車のガレージでの作業はとても大変‥。
そんな時は、Toastiを敷いて作業をすれば快適です!

OFFタイマーは1分~9時間で設定可能

“-”、“+”ボタンにてOFFタイマーの設定ができます。
設定範囲は1分~9時間。
時間が来れば自動的に電源がOFFされます。

両面使用可能

グリップバンプまたは滑らかなキャンバス両面使用可能。

製品仕様

温度 4段階調節
OFFタイマー 1分~9時間で設定可能
サイズ 61cm×173cm(一般的なヨガマットと同等のサイズ)
AC 110V

プロモーション

Toastiをもっと知りたい方!
以下プロモーションムービーもあわせてご確認ください。

入手方法

KICKSTARTERにてクラウドファンディングが成功しましたので、一般販売開始を待つこととなります。

販売は、オフィシャルサイトにて2019年1月末から受け付け予定と告知されています。
詳細は、以下URLよりご確認ください。

■トースティ | トースティショップ
https://toasti.co/

※執筆時点(2019年1月中旬)ではまだ準備中となっています。

終了したプロジェクトについては、以下のURLから確認できます。
■【KICKSTARTER】Toasti – Heated ‘Yoga’ Mat
https://www.kickstarter.com/projects/toasti/toasti-heated-yoga-mat-0?ref=discovery&term=camp

■金額について

執筆時点(2019年1月中旬)では、販売価格について公表されていません。
参考までに、KICKSTARTERでの支援額を記載します。

支援金額 報酬
US$60
(EarlyBird)
Toastiマット
US$90 Toastiマット
バッグ
US$400 Toastiマット×5
バッグ

クリエイターについて

トースティ(Jeff Bargiel)
本社:アメリカ合衆国オハイオ州クリーブランド
CEOのJeff Bargiel氏は10年間有機農法・藻類製品の事業開発に着手。
ヨガ・キャンプ・園芸などを趣味とする。

まとめ

寒い日でも快適に過ごすことができる1人用マットの『Toasti』

ヨガやストレッチができるような電気マットは意外とありませんので、気になる人も多いのではないでしょうか?

電源が110V(日本は100V)ですので、日本での使用は変圧器が必要になります。

電源問題さえクリアできれば、キャンプなどのアウトドアシーンでも大活躍しそうです。


written by 水木 幸