どこでもハンモックを楽しめる!軽量かつ耐久性のあるハンモックスタンド『Hang Solo』

アメリカ合衆国シカゴに拠点を置くTHUNDER DOMESから軽量・コンパクトに持ち運べるハンモックスタンド『Hang Solo』の登場です。

『Hang Solo』はフェスやキャンプなど好きな場所でハンモックを楽しみたい!という開発者の思いが詰まったハンモックスタンドです。

使用するハンモックは、一般的に販売されている製品なら対応可能!
持ち運びを想定しているため、軽量かつ収納もコンパクトになっています。

ハンモックライフがさらに楽しくなる『Hang Solo』を紹介します。

フェス・ピクニック・キャンプまで!好きな時にハンモックを!

『Hang Solo』は、現在クラウドファンディングサイト「KICKSTARTER」にて支援を募集中です。

ハンモックのデメリットである「2本の木が必要」「木の幹で空が見えない」「適当な広さが必要」を解消するハンモックスタンドです。

<『Hang Solo』 3つのポイント>

  1. どこでもハンモックタイム!
  2. 軽量・コンパクト
  3. 専用工具いらず!簡単組み立て

どこでもハンモックタイム!

出典:Hang Solo

出典:Hang Solo

フレームを設置すれば、どこでもハンモックタイム

出典:Hang Solo

出典:Hang Solo

ボートの上でもハンモックを楽しめます。

出典:Hang Solo

タープなども併用すれば、ハンモックがテント代わりになります。
地面の傾きなどを気にする必要はありません。
また、キャンピングマットなども不要になります。

軽量・コンパクト

出典:Hang Solo

フレームは軽量なアルミニウムを使用。
本体重量5.4㎏と軽量です。

また、分解して袋に収納すれば25.4×25.4× 81.2cmとコンパクトになります

専用工具いらず!簡単組み立て

出典:Hang Solo

出典:Hang Solo

『Hang Solo』の組み立てには専用工具は不要です。
設置に5分もかかりません。

製品仕様

『Hang Solo』の仕様をまとめました。

出典:Hang Solo

サイズ 横幅×奥行×高さ
335.2×152.4×129.5cm
重量 5.4㎏
素材 フレーム:6063アルミニウム
ハブ:ポリウレタン樹脂
耐重量 113.3㎏
収納サイズ 22.8×22.8×86.3cm
対応ハンモックサイズ 304.8~335.2cm

入手方法

『Hang Solo』は、クラウドファンディングサイト「KICKSTARTER」で支援金を払うことで報酬として入手することができますが、残念ながら日本への発送はしていません。

興味のある人は、こちらをクリックしてください。
KICKSTARTERの支援ページへ

  • 支援受付:US$175
  • 支援期限:2019年5月19日
  • 発送:2019年6月より順次
  • 日本への送付:不可

製造・販売元について

出典:Hang Solo

  • 会社名称:THUNDER DOMES
  • 所在地:アメリカ合衆国シカゴ

ドーム型のハンモックスタンド『サンダードーム』の製造販売を行っています。
HangSoloは、より小型化されたハンモックフレームです。

公式サイトを見る
Facebookを見る
instagramを見る

もっと知りたい!という人は、ぜひプロモーションムービーもご覧ください。

まとめ

出典:Hang Solo

キャンプやピクニックなどでハンモックを楽しもう!と思っても、適当な木がなかったため断念したことも多いのではないでしょうか?
自立式のハンモックは、収納時の長さが100cmを超える製品が多いですが、HANG soloは約86cmとコンパクトです。

フレームに覆われているので、蚊帳をつけたり、ドリンクホルダーをつけたり…とカスタマイズがしやすくなっています。

支援期限は2019年5月19日までです!
興味がある方は、ぜひサイトをのぞいてみてくださいね。
KICKSTARTERのページへ


written by 水木 幸