ごちゃごちゃしがちな洗面道具をすっきり整理!出張・旅行・アウトドアに便利なトラベルポーチ『Tashtego 2.0』

歯ブラシ・カミソリ・シャンプー・リンスなどのアメニティはごちゃごちゃと散乱しがち。

そんなアメニティをすっきり収納&取り出せるトラベルポーチ『Tashtego 2.0』が、クラウドファンディングサイトKICKSTARTERにて支援を募集中です。

Tashtegoは開発者の「もっと使い勝手の良いポーチが欲しい」という思いから誕生したポーチです。
『Tashtego 2.0』は、第1弾のトラベルポーチからさらに改良を重ねて第2弾です!

洗面道具をすっきり収納!

出典:Tashtego 2.0p

『Tashtego 2.0』は、クラウドファンディング公開からわずか2時間で目標金額を達成した大注目の製品です。

ポーチを広げると、どこに何があるのかが一目瞭然です。
また、一つ一つをメッシュポケットに収納するため、すっきと整理整頓できます。

「使いたい時に、使いたいものをさっと取り出せる」トラベルポーチです。

<『Tashtego 2.0』 5つのポイント>

  1. 乱雑しがちなアメニティをすっきり整理
  2. ロールアップで簡単持ち運び
  3. 壁にかけて利用できる
  4. 100%防水・軽量・耐久性の高強度ナイロン製
  5. 汚れたら洗濯機で洗える

乱雑しがちなアメニティをすっきり整理

出典:Tashtego 2.0p

トラベルポーチに入れると、中はぐちゃぐちゃ。
使いたい時にすぐに取り出すことができずにイライラ…
そんな経験はありませんか?

『Tashtego 2.0』は、アメニティをそれぞれ独立して収納するためパッと見てどこに何があるのか一目瞭然。
使いたいアイテムをさっと取り出すことができます。

出典:Tashtego 2.0p

このポーチだけで、なんと16アイテムも収納できます。

ロールアップで簡単持ち運び

出典:Tashtego 2.0

出典:Tashtego 2.0

くるくるっと丸めて留め具を止めるだけの簡単収納。
コンパクトになりますので、持ち運びが便利です。

壁にかけて利用できる

出典:Tashtego 2.0

出典:Tashtego 2.0

『Tashtego 2.0』は壁や木などに掛けて利用することができます。

100%防水・軽量・耐久性の高強度ナイロン製

出典:Tashtego 2.0

1800デニールのポリエステルで作られた頑丈なポーチです。

汚れたら洗濯機で洗える

出典:Tashtego 2.0

汚れたら洗濯機で気軽に洗えます。
いつでも清潔に使うことができます。

製品仕様

出典:Tashtego 2.0

サイズ(広げた時)25.4×58.4cm
材質100%防水
1800Dポリエステル

入手方法

『Tashtego 2.0』は、クラウドファンディングサイト「KICKSTARTER」で支援金を払うことで、報酬として入手することができます。

興味のある人は、こちらをクリックしてください。
KICKSTARTERの支援ページへ

  • 支援受付:US$34~
    超早期割引は一定数に達したため終了
  • 支援期限:2019年7月26日
  • 発送:2019年12月より順次
  • 日本への送料:+US$16~
    支援金額により異なる

製造・販売元について

出典:Tashtego 2.0

  • Tashtegoチーム
  • 所在地:アメリカ合衆国 カリフォルニア州オークランド

Tashtegoは、パーカートーマス氏のアイデアにより誕生したポーチです。
友人同士の口コミでポーチが欲しい人が増え、KICKSTARTERでの支援を募集しました。

記念すべきKICKSTARTER第1弾は公開から10日で目標金額を達成し、さらに改良を加えた第2弾のトラベルポーチを現在クラウドファンディング中です。

公式サイトを見る
Facebookを見る
Instagramを見る

もっと知りたい!という人は、ぜひプロモーションムービーもご覧ください。

まとめ

出典:Tashtego 2.0

使いたいアイテムをさっと取り出すことの出来るトラベルポーチ『Tashtego 2.0』

出張などのビジネスシーンから、旅行やアウトドアで大活躍間違いなしのポーチです。
特に、アウトドアだと夜は暗く「どこに何があるか」がわからなくなり困った経験はありませんか?

1つのポーチに整理されて収納されているため、使いたいものがすぐに見つかります。
まさしく、痒いところに手が届くアイテムです♪

支援期限は2019年7月26日までです!
興味がある方は、ぜひサイトをのぞいてみてくださいね。
KICKSTARTERのページへ


written by 水木 幸