1泊2日なんてもったいない!連泊してこそキャンプは楽しい!

キャンプ

まとまった休みができたら、さぁキャンプに行こう!

アナタはキャンプに行くとき1泊2日ですか?それとも連泊派ですか?
連泊となると、事前に予定も立てないといけないしお天気の心配もあり1泊2日のキャンプで済ます方も多いのではないでしょうか?

もったいない!時間ができたら連泊でキャンプに行こう!

「キャンプってなんだか疲れる?」
そう思っていませんか?

それは、1泊2日のせいかもしれませんよ?
1泊2日のキャンプだと結構過密スケジュールです。
ちょっと遠方のキャンプ場に行った場合だと、テントを設営したらもう夕食の時間だなんてこともザラにあります。

■1日目

朝起きてキャンプの準備→キャンプ場へ移動→キャンプ場到着→テント設営→遊ぶ→夕食→入浴→就寝

■2日目

朝食→撤収→キャンプ場チェックアウト→帰宅→ギアの片付けなど

1泊2日のキャンプだとやることが沢山
それがキャンプで疲れる原因です。
ちょっと時間ができたから週末キャンプへ‥というのも素敵ですが、せっかくなら連泊して日常からの開放を楽しみませんか?

連泊キャンプのいいところ

出典:pixabay

  • ちょっと遠いキャンプ場もいける
  • いろいろな料理を試せる
  • 現地の観光やアクティビティを満喫できる

ちょっと遠いキャンプ場もいける

キャンプに行く際、どういった基準でキャンプ場を選んでいますか?
移動の疲れを考えると2時間以内で行ける場所を選んでいるのではないでしょうか?
ですが、連泊キャンプならちょっと遠いキャンプ場も試すことができます。

海が見えるキャンプ場、山のキャンプ場、川遊びができるキャンプ場、世界遺産が近いキャンプ場…
ちょっと足を延ばせば、いろいろなことを経験できるキャンプ場がたくさんあります。

いろいろな料理を試せる

1泊だけのキャンプだと、なんとなくBBQや焼き肉で夕食を終わったりしませんか?
というか、筆者のファミリーキャンプもそんな感じです。筆者はいろいろな料理を楽しみたいのですが相方はどうしてもサザエが食べたいらしく、結局BBQで夕食が終わってしまいます。
ですが、2泊以上だといろいろな料理を楽しめます。

・燻製を楽しむ?
・多国籍料理を楽しむ?
・鍋を楽しむ?
・防災キャンプを想定した料理を楽しむ?
・缶詰グルメの楽しむ?
・ダッチオーブン料理を楽しむ?

1泊だと何となくマンネリになりがちなキャンプ料理も連泊となれば、一気にレジャーになります。

・現地の観光やアクティビティを満喫できる

出典:pixabay

連泊キャンプで時間ができたなら、現地のアクティビティを体験しましょう!
いろいろな体験ができる施設が隣接したキャンプ場もたくさんします。

・ピザ作りする?
・そば打ち体験する?
・カヌー・ヨット体験?
・気球やパラグライダー体験する?
・トレッキングを楽しむ?

連泊キャンプを楽しむコツ

・洗濯について
・食材について

洗濯について

出典:pixabay

キャンプ中に日常の家事をするのはもったいないです。
3~4泊程度ならば、家に帰ってから洗濯をするつもりで衣類タオルを大量に用意した方がキャンプを満喫できます。
1週間以上の連泊ならば、洗濯も考えなくてはいけません。

Point !近くに洗濯ができる設備があるか!
現地で困るのは洗濯よりも「乾燥」です。
洗濯ものは外に干しますので、朝露を考えると夜をまたいでの洗濯はできません。
(※テント内に洗濯ものを干すと湿気がこもるのでお勧めできません。)
現地に乾燥機がなければ、お天気のよさそうな日にお洗濯はまとめて済ませちゃいましょう

食材について

まずは、近くにスーパーマーケット等の施設があるか確認しましょう。
連泊キャンプでは、キャンプ中の食事のざっくりとしたメニューを決めて事前に準備をしていくと楽です。
ランチはパスタやそうめんなどの乾麺を用意しておけば、現地で外食をすることになっても気にせず麺を持ち帰れますのでお勧めです。

最後に

出典:pixabay

なかなかまとまった時間をとるのは難しいかとは思いますが、たまには1泊2日ではなく、連泊のキャンプを楽しみましょう。
いつもと違い、のんびりと時間が経過するのも乙なものですよ。


written by 水木 幸

キャンプ