日本一深い湖を見に行こう!:田沢湖キャンプ場(秋田県)

田沢湖は秋田県屈指の観光地です。
近くには、乳頭温泉郷や角館など観光スポット満載です。

また、田沢湖にはパワースポットがたくさんあるって知っていました?

夏には田沢湖での遊泳も楽しめます。

そんな人気の観光地である田沢湖キャンプ場へ行ってきました!

田沢湖キャンプ場

施設情報

<基本情報>

キャンプ場名称 田沢湖キャンプ場
住所・連絡先
〒014-1204秋田県仙北市田沢湖田沢春山152

TEL.0187-43-2990

営業期間 4月下旬~11月上旬
Web http://tazawako.net/tazawako/annai.html

<施設利用料金>

料金
施設利用料 1人¥300(小学生以上)
利用時間 チェックイン13:00 チェックアウト 翌11:00
バンガロー 6畳タイプ ¥2,570
8畳タイプ ¥3,080
6畳テラス付きタイプ ¥3,590
ベルテント ¥5,140(6~8人用)
オートサイト ¥2,050
フリーサイト タープ ¥300
スクリーンテント ¥510
1人用テント ¥300
小型テント(2~4名) ¥870
大型テント(5名以上) ¥1,130

<その他補足事項>

ごみ捨てについて 可能
温泉・シャワー シャワーは1か所
ペット 可能
※必ずリードをつける
※ベルテント・バンガロー利用の方はペットケージを必ず利用

アクティビティ

田沢湖では様々なアクティビティを楽しむことができます。

  • カヌー・カヤック
  • ラフティング
  • トレッキング
  • シャワークライミング
  • ピザ焼き体験

田沢湖アウトドアツアーの詳細は以下URLをご確認ください。
http://tazawako.net/tour/outdoor_top.html

石窯トーマス

撮影:筆者 石窯トーマス

管理棟のすぐ向かいに石窯トーマスがあります。
石窯トーマスは3時間¥2,000でレンタル可能です。

今日は利用者がいるらしく火がくべられていました。
ピザのいい匂いがします~

フリーサイト

撮影:筆者 フリーサイト

撮影:筆者 フリーサイト

フリーサイトは林間サイトになっています。
先着順(予約不要)です。

奥の方は少し斜めになっている場所が多いです。
10月の寒い時期でしたが、続々とフリーサイトが埋まっていきました。
繁忙期はテントを張る場所を探すのが大変そうです(汗)

炊事棟・トイレ

撮影:筆者 トイレ

トイレは1か所のみです。
オートサイトからトイレ遠いです…

撮影:筆者 炊事棟

撮影:筆者 ゴミ捨て場

炊事棟は3か所あります。
炊事棟横にごみ捨て場があります。

ベルテント

撮影:筆者 ベルテント

撮影:筆者 ベルテント

田沢湖キャンプ場に入ってすぐのところにベルテントがあります。
車はベルテントの横に止めることができます。

キャンプ場レポ

田沢湖キャンプ場は、田沢湖の表玄関である春山から湖畔に沿ってすぐのところにあります。
車で10分のところにはグランマート(スーパーマーケット)があり買い出しはとても便利な場所です。

13:00からチェックイン可能ということでしたので、13:00すぐにチェックイン(笑)
フリーサイトは先着順ですので、いい場所からどんどん埋まっていきます。

田沢湖キャンプ場から田沢湖湖畔へと歩いて行けます。

撮影:筆者

撮影:筆者

田沢湖の砂はキラキラしています。
これは何かの鉱石でしょうか…?

撮影:筆者

キャンプ場は田沢湖の西側にあります。
田沢湖側に夕日が見えました。

撮影:筆者 ハチ公ビール

田沢湖に来る途中で寄った安藤醸造でハチ公ビールなるものを発見!
今回のキャンプにおともに連れていくことにしました。

どちらかというと「プレミアムモルツ」的な芳醇なホップの味がするビールでした。
ごちそうさまです。

まとめ

今回1泊2日とあわただしくキャンプをしたため、あまり田沢湖のアクティビティを満喫することができませんでした(涙)

田沢湖遊泳場も近くにありますので、次回は夏にでも来てみたいです。

秋田県屈指の観光地でありながらフリーサイトの料金もお安めですので利用しやすいキャンプ場だと思います。
ただ、シャワーが1つしかないので夏の暑い時期がちょっと心配かも…

また行きたいキャンプ場です♪


written by 水木 幸