恐山まで車で約30分!観光の拠点にも便利なキャンプ場『早掛レイクサイドヒルキャンプ場』に行ってきました:青森県むつ市

青森県むつ市にある『早掛レイクサイドヒルキャンプ場』に2泊3日のキャンプに行ってきました。

早掛レイクサイドヒルキャンプ場は、市街地へのアクセスもよくスーパー・コンビニ・ガソリンスタンド・ドラックストア・ホームセンター・温泉が全て車で10分圏内とファミリーキャンプや長期滞在にとても便利なキャンプ場でした♪

買い物や観光の拠点に便利なキャンプ場

市街地にとても近く、入り口にはわかりやすい大きな看板があるため初めての人も迷わず行けるキャンプ場です。

撮影:筆者

大きなアーチ形の看板をくぐった先には管理棟があります。
ここで受付をします。

撮影:筆者

撮影:筆者

サイト1~17が電源なしサイト、18~34が電源ありサイトです。
10月の消費税増税により、電源なしサイト1,540円→1,730円に電源ありサイトは2,050円→2,300円に値上がりしました。

撮影:筆者

キャンプ場に入るには、必ず管理棟の横の道路を通る必要があります。
不特定多数の人が入ってこないので安心です。
また、管理人は24時間常駐しているそうです。
ファミリーキャンプはもちろん女性のソロキャンパーにも安心なキャンプ場です。

撮影:筆者

写真は電源なしの11番のサイトです。
10~16のサイトは早掛沼がよく見えます。

今回訪れたのは10月。
木々が赤く色づいていました。

撮影:筆者

炊事棟からサイトを撮影しました。
使用しているテントはDODのタケノコテントミニです。
駐車場横のスペースにはタケノコテントミニはスペース的に足りず設営できなかったため、奥に設置しました。

2~3人用テントくらいならば、2基張れそうな感じです。

子供は遊具に夢中♪

撮影:筆者

撮影:筆者

小さな子供連れのファミリーキャンプにおいて遊具のありなしって結構重要ですよね!?
キャンプ場入り口近くに小さめのボルダリングと炊事棟横に滑り台の2つの遊具がありました。
遊具があると、テント設営時には遊具で遊んでいてくれるのでとても助かります。

のんびりとした時を過ごしました

日中は、むつ市街から近いということもありデイキャンプの家族連れが何組かいましたが日が沈むころにはデイキャンパーも帰宅し静かになりました。

撮影:筆者

夜は、焚火で暖を取りのんびりと過ごすことができました。

その他設備

サイト・ケビン棟

撮影:筆者

撮影:筆者

整備された芝のオートサイトです。
松ぼっくりや枝など散らかってなかったので、すぐにテント設営ができました。

ただ、サイトによって若干広さが違うため大型テントの方は早めにチェックインをしたほうがいいかもしれません。
※チェックインは14:00からの受付で、早い者勝ちのようです。

撮影:筆者

撮影:筆者

ケビン棟は3棟あり、いずれも早掛沼を望めるロケーションです。

炊事棟

撮影:筆者

広くてとてもきれいな炊事棟です。
炊事棟周りにはテーブルと椅子が設営されているため、デイキャンパーには炊事棟周りのサイトが人気だそうです。

撮影:筆者

炊事棟には残火入れがあるので、残った炭も安心して処分できます。

トイレ

撮影:筆者

写真奥の建物がトイレです。
女性トイレは、和式×1・洋式×1、男性トイレは、洋式×1となっています。綺麗で使いやすいトイレです。

また、「ウォシュレットじゃなきゃ嫌だ!」という人は管理棟のトイレも24時間使用できますので安心です。

ゴミ捨て場

撮影:筆者

ゴミ捨て場も完備しており、追加料金なしでごみを捨てることができます。
これはすごくうれしいですね~。
連泊キャンプも安心してできます。

温泉・買い出しについて

撮影:筆者

キャンプ場内には温泉施設はありませんが、車で約8分の場所に「むつグランドホテル 斗南温泉 美人の湯」があります。
入浴時間は5:00~23:00となっており、朝風呂派にはうれしい日帰り温泉です♪
Google Mapでキャンプ場からむつグランドホテル 斗南温泉 美人の湯までの経路を見る

食材の買い出しも、車で5分程度の場所にスーパーマーケットがあるのでとても便利です。
Google Mapでキャンプ場からスーパーマーケットの経路を見る

周辺観光について

下北半島には有名な観光地が多々ありますが、代表的な場所の1つとして恐山があります。

撮影:筆者

キャンプ場から車で約30分で恐山まで行けます。
恐山までの道も、県道4号線を道なりに進むだけですので迷わず行けます。

また、大間までも車で約20分ですので下北半島の観光の拠点としても便利なキャンプ場です。

まとめ

撮影:筆者

東北の10月の夜はもう肌寒いです。
この時期は「キャンプ好き!」という人しかキャンプをしないので、キャンプ場には3組程度しかおらず、のんびりと過ごすことができました。

電源なしサイトで1,730円ですが、きれいなオートサイト・遊具あり・買い物便利・温泉近し・ごみ捨て可能と大満足のキャンプ場でした!

キャンプ場に入るためには管理棟横を通る必要があるため、キャンプ場利用者以外は基本的におらず、ファミリーキャンプや女性のソロキャンパーも安心して利用できそうです。
お勧めできるキャンプ場です♪

▼今回のキャンプ場
・早掛レイクサイドヒルキャンプ場
住所:〒035-0021 青森県むつ市大字田名部字小平舘ノ内尻釜45−18
google mapで見る
電話:0175-23-8686

公式サイト
http://www.mutsucci.or.jp/kanko/hayakake-lakeside-top.htm
天気情報や混雑予測はこちら
https://camplog.jp/article/camp/NP


written by 水木 幸