中身は空気!開発中の近未来型モビリティ『poimo』

poimo2

SF映画のような空飛ぶ車の登場はまだ先になりそうですが、メルカリR4D(R4D:メルカリの研究開発組織)と東京大学 川原研究室・新山研究室が今までにないモビリティを開発中です。

その名も『poimo』

まだ発売には至っていませんが、現在までの開発状況についてご紹介します。

『poimo』とは

出典:メルカリ

『poimo』は「POrtable and Inflatable MObility」から名付けられました。

つまり持ち運びできて(portable)、ふくらませることができる(inflatable)乗り物です。

細かい説明は後ほどとして、まずは下記動画をご覧ください。

引用:東京大学 川原研究室

動画が全てを物語っていますが、以下補足説明です。

コンセプト

出典:東京大学

素材は特殊ビニールのため軽量かつ折りたたんでバッグに収納可能。空気でふくらませることができるため、どこでも乗り降り可能な点が一番の特徴です。

自宅から公共交通機関、公共交通機関から目的地までの移動を想定し設計されています。

そのためバッテリーに関しても、ワイヤレス・バッテリーレス構造を取り入れる形で開発が進められています。

このように『poimo』は画期的なモビリティのため、世界各国のメディアから注目を集めています。

実際の乗り心地

poimo5

出典:メルカリ

既に試乗するレベルまで開発は進んでいます。

乗り心地としては、空気が入っているためふわふわした乗り心地かと思いきや、空気がしっかり詰まっており、安定して走行できるような固めの感触だそうです。

今後の『poimo』について

既に試乗テストまで進んでいますが、今後は下記課題に取り組むと発表されています。

  1. 走行性能や利便性といった技術課題の解決
  2. poimoのニーズ検証・コンセプト検証
  3. COVID-19による非接触型配送の需要高まりを受け、自動運転・追従運転によるラストマイル物流の配送実証

引用:東京大学 川原研究室

 

まだすぐの発売とはなりそうもありませんが、非常に魅力的な乗り物のため、早期の発売が期待されますね。

今後も続報が出れば発信していきます!

written by good 3

poimo2